おすすめその他ジャンル

笑点

笑点は日本テレビで放送されているバラエティ番組です。1966年5月15日から放送が開始されて50年以上が経つ、かなりの長寿番組です。弱冠の放送時間帯の変遷がありましたが、一貫して日曜日の夕方に放送されていることは変わりません。番組の内容は主に演芸と大喜利の2部構成になっています。視聴者としては大喜利番組としての印象が強いと思います。5代目三遊亭圓楽さんが23年以上も長く司会を務めて、そのあとは桂歌丸さん、そして現在は春風亭昇太さんが司会を勤めていますが、笑点の司会交代については、よくニュースになります。特に三遊亭圓楽さんと桂歌丸さんが病気で降板したことがよく騒がれました。

 

笑点の大喜利司会者は、視聴者への馴染みがとても深いため、健康面で心配する人が多いのでしょう。また大喜利自体も何十年に渡り親しまれているもので、日本人の生活の一部のような感覚もあります。
しかし、番組開始時の初代大喜利司会者は、なんと7代目立川談志さんです。当時の笑点がどういう感じだったかを知る人は少ないかもしれませんが、今のような和やかな雰囲気とは違い、殺伐とした雰囲気だったかもしれません。実際に殺伐とした感じだったのか、7代目立川談志さんは当時の番組スタッフと揉めてしまい、解任のような形で番組を降板したようです。

 

そのあとも司会の交代が何度かありますが、初代三波伸介さんと5代目三遊亭圓楽さんが長く司会を勤めたことにより、現在の笑点の基礎が出来上がったと言えるかもしれません。

 

今夜くらべてみました

この番組はフットボールアワーの後藤輝基とチュートリアルの徳井義実、SHELLYとHKT48の指原莉乃の4人がMCを務めるバラエティー番組です。番組開始当初は、指原莉乃以外の3人がMCを務めていましたが、SHELLYが出産・育児休暇に入った際にその代打として指原莉乃が登用されました。若い力で盛り上げていきたいという宣言通り、指原莉乃は息の合ったコンビネーションで男性MCとの絡みを大いに盛り上げ好評を博し、SHELLY復帰後も残留が決定、4人でのMCとなりました。番組内容は、毎回ある共通点を持った3人のゲストを迎え、様々なお題でトークが繰り広げられます。主に女性のトリオが招かれることが多いのが特徴です。チュートリアル徳井のボケとフットボールアワー後藤の発想力抜群のつっこみが笑いを誘います。指原莉乃のダークな観察眼によるダメ出しやエピソードトークも多くの女性の共感を呼んでいます。ごくたまに特別ゲストとして人気俳優やアーティストが招かれることもあります。徳井義実の無茶ブリに慌てふためく大物ゲストの姿も必見です。指原莉乃曰く、サザンオールスターズの桑田佳祐さんも好きで見ていると噂の、ちょっとシュールな角度から楽しめるトークバラエティです。

 

ウルトラマンゼアス2

1997年に公開された作品。
前作において見習い扱いだったウルトラマンゼアスこと朝日勝人はやっとのことでMydoの正隊員として認められましたが、今作の冒頭で突如として現れた謎の黒いウルトラマン「シャドー」完膚なきまでに痛めつけられたことから意気消沈してしまったうえにシャドーの攻撃がトラウマになってしまいました。そんな勝人は正道会館でスパーリングをしていたアンディ・フグのかかと落としにヒントを得て、正道会館の協力のもと特訓を開始します。しかし、彼が特訓を続けている間もシャドーは世界中で暴れたい放題。マインドコントロールビームと呼ばれる技を使って人々を洗脳。洗脳した人間たちに戦闘員訓練を受けさせるなどの行為に及んでいました。
事態を重く見たMydoはウルトラマン最大の弱点であるカラータイマーを破壊する作戦実行しますが、そのことを予見していたシャドーはカラータイマーの上にプロテクターを展開させこの攻撃を防ぎ、Mydoはピンチに陥りました。するとそこへ特訓を終え、生まれ変わったウルトラマンゼアスが現れ、シャドーとの最後の決戦に臨みました。特訓によりパワーアップしたゼアスの力はすさまじく、カラータイマーが鳴り出す前にシャドーをノックアウトしました。しかし、シャドーはレディベンゼン星人の命令により、ゾンビのごとく復活。
必殺光線の発射体制に移ります。対するゼアスもTV中継を見守る市民達の声援を受け必殺光線の発車体制に入ります。はたして両者の決着は?

 

お嬢様をお願い!

韓国ドラマによくあるお金持ちと貧乏の設定なのですが、お祖父さんの跡継ぎは男性ではなく女性(カン・ヘナ)なので着ている服などを見ているだけでもうっとりしてしまうドラマです、カン・ヘナを演じているユン・ウネさんもとっても可愛くて綺麗で役に合っています、そのカンヘナのわがままに散々振り回されるのがソ・ドンチャン 役のユン・サンヒョンさんで、貧乏でお母さんを助けるために借金を作ってしまったので手っ取り早く稼ごうと思ってカン・ヘナの執事になることに、。暴力をよく振るうヘナに最初はお互いいがみ合ったりしていますが、恨みを買われ危険な目に合うヘナをドンチャンがかっこよく守ってくれたりする姿に胸キュンすると思います、ユンサンヒョンさんかっこいいです!お互い美男美女で役に合っていてお似合いだと思います、そんなお嬢様と執事という違う世界に生きている二人なので周りの人達や、環境や自分達の考えなど障害はたくさんです!でもドロドロしていなくて、二人のやり取りはコントか!?と思うような面白いシーンがあったりアクションっぽいのが入ってたり、見ていて疲れないドラマです、後半は泣けて切ないシーンもあるので色んな感情がわいてくると思います、一気見してしまう位面白かったです!

 

仮面ライダーアギト

平成仮面ライダーシリーズ第二弾。前作仮面ライダークウガで起きた未確認生命体事件の2年後を舞台とした作品である。沖縄に流れ着いたオーパーツとそれに呼応するように現れたアンノウンとの戦いを描く。
作中には3人の仮面ライダーが登場し、それぞれ「既に仮面ライダーである男(津上翔一/アギト)」「仮面ライダーになろうとする男(氷川誠/G3)」「仮面ライダーになってしまった男(葦原涼/ギルス)」というキャッチフレーズが与えられている。この中でもG3は全シリーズ通しても珍しい警視庁が開発したという設定のパワースーツ型人工仮面ライダーである。個人的にはこのG3が一番好き。また複数の仮面ライダー全員を主役級として扱う、謎解きの要素を強く持つなど後の平成シリーズの基礎を作ったとも言われる。
主人公三人の内、津上は天然気質で穏やかで家庭的、氷川は真面目だが不器用で熱血漢と対照的な為、しばしば小競り合いをする。特に印象に残っているのは湯豆腐のやり取りだ。津上が作った湯豆腐を氷川が食すのだが不器用な氷川は箸で上手く挟めず、一方の津上は悠々と口に運び氷川はせっかちだから無理ですよとなじる。意地になった氷川は自宅で練習した後リベンジを果たすが、その結果を認めつつも今度は木綿豆腐だからですよといわれてしまう。そんな津上も勝負事となると氷川には手も足も出ない。この作中何度も交わされる小さな意地の張り合いが一番面白いところかなと思う。

 

内村てらす シーズン2

「内村てらす シーズン2」はウッチャンナッチャンの内村光良がMCを務めるバラエティー番組です。毎回MCの内村光良が、もっと光るべき芸人にスポットライトを当て、魅力に迫る番組です。huluでバラエティーを見ると、面白い部分を何度でも見ることができます。普通の放送だと見逃してしまった部分をhuluで見直して、改めて面白かった部分を見直すことができます。この番組は芸人たりがネタを披露し、芸人にゆかりのあるゲストを迎えてトークをする番組です。ゲストからは芸人の普段は見られない部分を暴露されたりするので、とても面白いです。またDJてらすを務める、斎藤司(トレンディエンジェル)の面白い発言も、この番組の見どころです。またアシスタントを務める、小熊美香(日本テレビアナウンサー)の素人目線からのコメントも面白く、様々な視点から見ることができるとても面白いバラエティー番組です。とてもおススメします。ゆかりのあるゲストからの暴露話もとても普段テレビを見ていても分からないところなので、あらゆる視点から見ることができるバラエティー番組です。他のバラエティー番組では垣間見れない部分をゲストが暴露するところが、とても面白く、意外なことが分かったりするので、ゲスト芸人の見方が変わるらえてぃー番組です。

 

マツコ会議

マツコ会議は毎週土曜23時に放送されている、マツコ・デラックスの気になったことを追求していく番組です。毎回ディープな場所と中継を結び、様々なジャンルの知られざる場所と中継を結び、マツコ・デラックスが総合演出となり、掘ってみたいことをVTRにしていく番組です。この番組はマツコ・デラックス以外は番組制作者で、番組作りの一部始終を見ることができる番組となっています。マツコ・デラックスが総合演出となり、VTRを作成していく番組となっています。毎週ディープな場所から中継を結び、気になることをさらに深掘りしていくのが番組のコンセプトとなっています。中継先のディレクターとマツコ・デラックスとのやり取りも見どころのひとつです。毎週様々なジャンルのところと中継を結び、マツコ・デラックスが気になったことを深掘りしていきます。その場で番組を作成していくので、臨場感があります。そこで出会うある一人の人生観を中心としたVTRをマツコ・デラックスが総合演出として作り、それをテレビではなく、番組公式サイトで公開するものとなっています。マツコ・デラックスはいろいろな番組をしていますが、このマツコ会議はマツコ・デラックスがMCなので、他の番組では見ることのできない、マツコ・デラックスの違う一面を見ることができます。

 

 

※紹介している作品は、2017年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください

関連ページ

おすすめ海外ドラマ
海外ドラマ,おすすめ
おすすめ海外映画
海外ドラマ,おすすめ
おすすめ国内ドラマ
国内ドラマ,おすすめ
おすすめ国内アニメ
国内アニメ,おすすめ
おすすめ国内映画
国内映画,おすすめ